いぼの除去はクリニックで行なおう【美容に重点を置いた医療】

しつこいウイルスも一度で

女医

美容クリニックの利用

気付くと皮膚には色々なできものが現れて、ときにはいぼも出現します。ウイルスに感染してできるいぼは早めに治療するのが望ましいですが、免疫と代謝によって自然に治る可能性があります。しかし、治療を引き伸ばして難治性になってしまう人もいるので、注意が必要です。塗り薬が市販されているものの、健康な皮膚も傷付ける強い薬品が主成分のことが多く、基本的に顔や首など、皮膚の薄い部位には使えません。自己責任で使用しなければいけないため、顔などにできたいぼは、医療機関で治療すると安心です。皮膚科では通常、保険治療の液体窒素凍結療法が行われますが、1、2週間に一度の頻度で治療を繰り返すことが大切です。そのため、働き盛りの人などは途中で治療をストップしてしまうことが少なくありません。忙しい人も一度で治療が終わる可能性が高い方法に、炭酸ガスレーザーや切除法という手術が挙げられます。切除法はいぼの細胞をことごとく取ってしまえるため、再発リスクがわずかです。これより再発リスクが上がるものの、炭酸ガスレーザーはあっという間に除去できる気軽さが人気となっています。炭酸ガスレーザーは基本的に自由診療になり、取り扱いは美容皮膚科や美容外科である場合が多いです。できものが治れば瘢痕が残っても仕方がない、というのが皮膚科における意識でしたが、近年では変わりつつあると言われています。つまり痕を残さずに治療するのが望ましいという意識が高まってきたのです。しかしながら、美容外科や美容皮膚科で行うのは美容医療であり、いぼ治療においいても皮膚に瘢痕が残らないようにという意識が極めて高いです。炭酸ガスレーザーでも、瘢痕が残りにくいようにと考えて治療してくれます。メラニンなどの色素に反応して熱エネルギーを発生させるレーザーと違い、炭酸ガスレーザーは細胞の水分に反応します。いぼの水分だけをターゲットとし一気に蒸散させる仕組みで、大変強力な機器の割に周りの皮膚には影響しません。細胞を蒸散させた部分は治療直後穴が開いた状態となり、次第に新しい皮膚が盛り上がってふさがります。周りの皮膚が傷つかないため、他のレーザーより治りが早く、瘢痕も目立ちにくいのが魅力です。ほとんどの人が1回の治療で済むと言われているので、忙しい人に適した治療法です。それに、ウイルスではなく老化によって出てくるいぼには、第一選択となります。老人性のものは1回取ってしまえば、そこから再度発生することは考えにくいです。

Copyright© 2018 いぼの除去はクリニックで行なおう【美容に重点を置いた医療】 All Rights Reserved.